プログラミング学習

プログラミング初心者がモチベーションを維持する方法4選【継続は力なり】

  • プログラミングの勉強をサボってついついダラダラしてしまう…
  • モチベーションを高く保つ方法を知りたい!
  • 継続的に学習できる方法を知りたい

本記事ではこのようなテーマについて、プログラミング未経験からエンジニアになった僕が、実体験を元に「プログラミング初心者がモチベーションを維持する方法4選」と題して解説していきます。

特に、現在プログラミングを独学で勉強している方に向けて、「毎日のプログラミングの学習のモチベーションを高く保つためにどうしたらいいのか」ということについてお話していきます。

時間が勿体無いので、早速本編に入っていきましょう。

本記事を読んで分かること

◼️独学でもプログラミング学習のモチベーションを高く維持する方法
◼️多少強引にプログラミングの学習を継続する方法【荒療治編】

どうしてモチベーションを高く維持することができないのか?それは当然です

本記事では「プログラミング学習のモチベーションを高く維持する方法」を紹介していきますが、その前に『プログラミング学習のモチベーションが下がってしまうのは至極当然の事である』ということをお伝えしておきます。

プログラミングの学習はすごく長い道のりですし、中々簡単に技術が身につくものではありません。

なので、学習を始めた当初のような高いモチベーションのまま、数ヶ月、1年と続けられる訳ではありません。

僕も実際にプログラミングを勉強していて、モチベーションが高い時もあれば低い時も当然あります。

ですので、モチベーションが下がってきたからといって、「自分の意志が弱いんだ」などと自分を責める必要はありません。もう一度言いますが、それは当然のことです。

とはいえ、その中でもできるだけ高いモチベーションを維持することができれば、もっとたくさん学習できるのも事実です。

モチベーションが高ければ、多少の困難にぶち当たっても挫折せずに学習を継続できますし、何より楽しくプログラミング学習をすることができます。

「好きこそものの上手なれ」ですから、”楽しく”勉強していく事は、より効率的に技術を習得する上では非常に大切です。

なので、今回紹介する「モチベーション維持の方法」を、ぜひ実際に取り入れてみて自身のプログラミング学習に役立ててみて下さい。

【概要】プログラミング学習のモチベーションを維持する方法

これから紹介する『プログラミング学習のモチベーションを維持する方法』は、この通りです。

【すぐに取り入れられる方法】
◼️入ってくる情報をできるだけプログラミング学習に役立つものにする
◼️アウトプットメインで学習していく

【荒療治編】
◼️物理的に学習せざるを得ない状況に身をおいてしまう
◼️多少の投資をする事で、簡単に後に引けなくしてしまう

誰でもすぐに取り入れられる方法を2つと、多少強引に行う方法を2つで、計4つの方法です。

ご自身の性格や環境などに合わせて、「これなら自分にもできそう」と思うものから、今すぐにでもプログラミング学習に取り入れてみて下さい。

それでは、上記4つの方法を一つずつ詳しくみていきましょう。

1. 入ってくる情報をできるだけプログラミング学習に役立つものにする

これは例えば、

  • SNS(Twitter等)でエンジニアをフォローする
  • IT系のニュースを普段みるようにする

などです。

学習を妨げてしまう大きな要因として「スマートフォン」があります。

きっと多くの人が、このスマホから様々な情報を仕入れていると思いますが、そこから入ってくる情報をよりプログラミング学習に関連するものにしよう、というのが1つ目の方法です。

よくある失敗例が以下です。

  1. プログラミングの学習中についついスマホでSNSをみてしまう
  2. 友人の投稿が気になって見てしまい、気付いたら30分が経過
  3. やる気がなくなってプログラミング学習は明日に繰り越し

独学で学習している方ならよくある事ではないでしょうか。

そんな中で、今回の方法を使うことで、上記の失敗例を次のように変えることが期待できます。

  1. プログラミングの学習中についついスマホでSNSを見てしまう
  2. フォローしているエンジニアの投稿を見て「自分もこうなりたいな、がんばらなきゃな」と思う
  3. やる気を取り戻し、プログラミング学習に戻る

普段の生活習慣から、スマホをついつい見たくなってしまうところは、多少はしょうがないことなのかなと思います。

なのでもし、ついついスマホを見てしまった時に、プログラミング関連の情報が目に入るようにしましょう。

そうすることによって、日頃のクセでついついスマホを見てしまった時に、その後に再びプログラミング学習のやる気を取り戻すことが期待できます。

また、日頃からプログラミング関連の情報を目にするようにすれば、少しずつ知識も身についてきます。

そしてその知識がさらにプログラミング学習に役立ち、学習を加速させる手助けともなります。

他にも、単に情報を仕入れるだけでなく、Twitterなどで日頃の学習の成果を発信するのもモチベーションを高く維持する上で効果的かと思います。

そうした発信は、少し経って見返した時に、自分の成長が実感できるものとなっています。

自分が積み重ねてきたものを、そうして可視化しておくことも、ぜひ併せて取り組んでみて下さい。

2. アウトプットメインの学習に切り替える

・とりあえず入門書ばかり読んでいる
・ドットインストールやUdemyなどの動画教材を観ていることが多い

上記のようなことに該当するプログラミング学習初心者の方がいたら、ぜひ注意深く本章を読んでみて下さい。

「上記のようなこと」とは、つまり「インプットメインの学習をしている」ということです。

もちろん、たくさんの技術書を読んだり、動画教材を視聴して勉強することも確かに大切です。

しかし、プログラミング初心者の方には正直あまりオススメできません。

僕もエンジニアになる前はインプットメインの学習を行っていたのですが、エンジニアになった今になって「なんて非効率なことをしていたんだ」と後悔しています。

みなさんにも同じような失敗はして欲しくないので、もし今現在インプットメインの学習を行っている初心者の方がいたら、ぜひアウトプットメインの学習をオススメします。

ちなみに、なぜプログラミング初心者にとってインプットメインの学習が非効率的なのかというと、こういった理由からです。

◼️基本的に初見では理解できないことが多い
◼️1箇所つまずくと、そこから先に中々進めない
◼️読んだところで、すぐにコードがかけるようになる訳ではない

プログラミング初心者の方は、とにかく少しでも手を動かして「動くことに感動する」という小さな成功体験をたくさん積むことが、モチベーションを高く維持しながら学習を継続するために非常に大切です。

「インプットメインの学習が非効率なのは分かったけど、じゃあアウトプットメインの学習はどうやってやるの…?」

そういった方のために、アウトプットメインでのプログラミング独学勉強法を別記事にて解説しています。

より効率的にプログラミングを学習するための方法を紹介しておりますので、ぜひみてみて下さい。

3. 物理的に学習せざるを得ない状況に身をおいてしまう

これから紹介する3つ目と次の4つ目は、「ちょっとした工夫だけではあまり効果がない!」というような方に向けた、多少強引な方法をご紹介します。

まずは「物理的に学習せざるを得ない状況に身をおいてしまう」という方法です。

これは要するに「環境を変える」というやり方ですが、それなりのコストがかかってしまいます。

とはいえ、それなりのコストを支払う分、その効果も先の2つよりも抜群に大きいです。

一番わかりやすい例でいうと、プログラミングスクールに通ってしまうことです。

コストとしては、数十万円の受講料がかかってしまいますが、その分以下のようなリターンがあります。

◼️周りの人達も勉強しているからモチベーションUP
◼️効率的な学習ステップが用意されている
◼️先輩エンジニアにすぐに質問できる
◼️アドバイスをもらうこともできる
◼️スクールによっては転職保証がついているところも

家で学習すると、ついついサボってしまいがちでも、周りの人がやっていれば自分も自然とやる気になります。

とにかく確実に短期間でプログラミングを習得したい、という方は「プログラミングスクール」などで、半ば強引に環境を変えてしまうのが一番手っ取り早いでしょう。

仮に「近くに教室がさそう…」という方でも、今ではオンラインでの受講もスタンダートになりつつあるので、検討してみるのもいいかもしれません。

4. 先に多少の投資をしてしまい、簡単に後に引けなくしてしまう

「ある程度強引にでもいいからモチベーションを維持して学習を続けていきたい」
「でもプログラミングスクールの数十万円は高すぎる」

このような場合には、技術書や動画教材を前もって購入してしまって、

これだけ買ったからにはやるしかない…!!

という状況を無理やり作り出すのも一つの手です。

今では、基本的なプログラミング学習をするのにお金はあまりかかりません。例えば、Progateドットインストールなどの、無料でもプログラミングを学べるWebサービスが有名です。

そのようなサービスは無料でできてしまう分、お手軽で、最初のとっかかりとしてはいいのですが、サボってしまってもマイナスには感じづらいため、継続していくのも実は難しいです。

そんな時にやる奥の手としては、「自分の予算の範囲内で教材を購入してしまう」という方法です。

無理やり自分の尻を叩くために、あえて前もって課金してしまえば、そう簡単にサボろうとはならないはずです。

これも荒療治ではありますが、「どうしてもやるんだ!」という人にとっては全然アリです。むしろ僕もこんな感じです。

さらに、こうして前もって入手しておいた技術書や動画教材は、すぐには全て理解できなくとも、学習を継続して時間が経ってから見返せば、スッと腑に落ちたりするものです。

「難しすぎたら一旦放っておくのもアリ」

例えば、この記事、
数週間前に初めてネットで見つけて読んだ時は
さっぱり理解できませんでした。

なのでしばらく寝かせておいて、
今日久しぶりに開いてみたらかなり読めるようになっていました。

未来の自分はやっぱりスゴイ

JavaScript Promiseの本(azu.github.io/promises-book/

こんな感じで、学習を継続した未来の自分の知識はかなりすごいものになり得ます。

ただ、いつになっても読まない「技術書の形をしたオブジェ」になってしまうなら、それは購入しない方がいいでしょう。

僕はちなみにプログラミング学習で「Udemy」をよく利用するのですが、購入する動画教材は、決まって「セール時に、レビュー数が多く評価が高いもの」と決めています。

それで実際に今まで失敗したことはありません。

教材選びも、初心者にとっては難しいですが、Udemyであれば初心者の方でも比較的分かりやすいと思います。

こちらも関連記事を以下に紹介していきます。

最後に|プログラミング学習は少しずつの積み重ねです

【おさらい】モチベーションを維持する方法
  • 入ってくる情報をできるだけプログラミング学習に役立つものにする
  • アウトプットメインで学習していく
  • 物理的に勉強せざるを得ない環境に身を置く
  • 先行投資をして後に弾けない状態を作る

今回の「プログラミング学習のモチベーションを高く維持する方法4選」はいかがでしたでしょうか。

プログラミング学習は本当に少しずつの積み重ねです。

1日や2日で簡単にできるようになるものでは決してありません。でも、僕の経験上、学習を継続すれば誰でも絶対にできるようになります。

途中で挫折しそうになることはたくさんあります。

  • エラーが解決できない
  • 環境構築ができない
  • for文やif文が難しい
  • 変数、メソッドが分からない
  • オブジェクト、インスタンスって何?

こうしてあげるとキリがありませんが、上記は僕が実際にぶつかった壁です。

でも、なんだかんだ勉強し続けていたら、「あっ、こういうことか」と理解できるようになりました。

まだプログラミングを初めて1年も経っていませんが、既に5つ以上の複数言語を扱えるようになっています。

「何が分からないのかを明確にして、調査して、コードを書いて…」こういった地道な作業を一つずつ丁寧に繰り返していけば、必ず成長することができます。

モチベーションが下がった時には少し休んでもいいので、それでも学習を長い目で継続してみてください。いつか必ずプログラミングを習得できます。

最後になりますが、これからプログラミングをもっともっと学習していく方にとって、本記事が少しでも参考になったなら幸いです。

以上です。